BlueStacks 4ベータ版が公開! 革新的な4つの特徴と問題点!

PC上でAndroidアプリを起動することができるエミュレーター「BlueStacks」がベータ版としてさらに進化を遂げました!

8月13日に「BlueStacks 4」ベータの配布が開始され、これまでの「BlueStacks 3N」から大幅にバージョンアップ!

 

今回のバージョンアップは「より軽く、より速く」をコンセプトに開発していて、従来バージョンよりもゲームの互換性と動作スピードが向上しています!

今回はそのコンセプトをより具体的に、4つに分けてわかりやすく説明してみようと思います。

 

実際に「BlueStacks 4」ベータ版に更新してみて、良いところばかりではないと感じてるのでその辺も合わせて紹介していきます。

インストール予定の方は 「BlueStacks 4」ベータ版アップデートの問題点 この項目だけでも必ず目を通してください。

実際にアップデートしてみて2つ問題点がありました。

 

BlueStacksっとはなんぞや??という方はこちらに目を通してみてください。

 

「BlueStacks 4」ベータ版 革新的なの4つの特徴

実際に「BlueStacks 4」ベータ版に更新してみましたが、ぱっと見では全然違いが分かりませんw

ねこきじ
ねこきじ
な、なにか変わったのかね(;^ω^)

オンデマンド型の最新アーキテクチャを採用しパフォーマンス最適化

まずひとつめの変更点、オンデマンドシステムの採用です。

これまでの「BlueStacks 3N」では使い方の異なる大勢のユーザーへ対応が非常に難しかった。

特定のアプリだけ使うユーザーから、何画面も立ち上げて使うヘビーユーザーが混在しそのバランスをとるのに苦労してたわけです。

 

今回のバージョンアップのオンデマンド化により、アプリの動作は必要なリソースだけを用いる構造が採用された為、無駄がなくなり高いパフォーマンスを発揮出来るようになりました。

つまり、ユーザーひとりひとりのプレイスタイルに合ったパフォーマンスの最適化が出来るようになったということです。

 

このオンデマンドシステムは、システムのコア部分からUI、グラフィック関連まで全てにおいて採用されているのでメモリ削減はもちろん、全体的な高速化に大きく貢献しています(*´▽`*)

 

低スペックPCでもプレイが可能に!?

 

BlueStacks3N 4BETAの動作環境のPCスペックは、メモリが最低2G推奨6Gです。

基本的に条件は変わっていませんがBlueStacks4では、低いスペックの端末でもグラフィックス表現の再現性が高まり、より快適に利用できるようになります。

現状はベータ版なのでどこまで改善されているか分かりませんが、確実に良くなる方へ進んでいるようです。

 

これは先ほどのオンデマンドシステムを採用したことによる恩恵のひとつですね!

メモリの使用量だけではなく、グラフィックスのアクセラレーションなどに関する精度、互換性も向上しています。

 

現在のバージョンの「BlueStacks 3N」では動作しないアプリもありますが、「BlueStacks 4」では問題なく動作するアプリが増えているようです。

ねこきじ
ねこきじ
後で注意を書くけどBlueStacks 4ベータにするのはちょっとまった!

 

UIをユーザー好みにカスタマイズ可能に!

現バージョンの「BlueStacks 3N」は、起動すると「アプリセンター」と画面がトップページとして表示されますよね。

アプリセンターはランキングや人気のゲームを探すのには便利ですが、使わない人にとっては邪魔でしか無いw

今回のアップデートで、アプリセンターがタブとして独立したので、邪魔であればタブを閉じる事が出来るようになりました。

 

余分な物を閉じることで使用リソースの削減につながり、より快適なプレイが可能です!

これまでのマイアプリはホームのタブに統合されました。

 

ねこきじ
ねこきじ
強制的に表示されるのよくあるよね、地味だけどこういうのうれしいなー(*´ω`*)

 

キーマッピング機能が大幅に進化 もはやPCゲー並み

これまでの「BlueStacks」でのキーマッピング機能はゲーム画面上で設定していました。

これが大幅に進化してかなり使いやすくなりました!

PCゲーをされたことがある人なら分かると思いますが、今回のBlueStacks4ベータのアプデでほとんどPCゲームと同じことが出来るようになりました。

 

例えばPUBGモバイル

 

ねこきじ
ねこきじ
すげーーー!!まんまPCのPUBGじゃん!これで勝てるw

 

ちなみにBlueStacksを使うと、同じようにエミュレーターを使った人同士の対戦になるので、スマホ勢を食い物にしようと思ってる方は諦めてください( *´艸`)

エミュレーターと言うとどうしても悪いイメージがありますが、公式でも認められてる正規の物なので安心して使ってください。

 

 「BlueStacks 4」ベータ版アップデートの問題点

早速アップデートしてみましたが、2つ問題点がありました。

 

起動できていたアプリが落ちるようになった

アプリが落ちる件ですが、ゲームアプリを起動している途中で落ちてしまう(勝手に終了)現象があります。

具体的なゲーム名をあげると、人狼殺、PUBGモバイルこの2つ。

私がこの現象を確認したのはこの2つのアプリですが、もしかしたら他にも問題が出るアプリがあるかもしれませんのでご注意ください。

 

まだベータ版なので今後改善されると思いますが、現状だと問題なくゲームができたり落ちたりと不安定です。

 

②バックアップから復元がうまくいかない

BlueStacks4ベータにアップデートする前にバックアップを取るのを忘れてしまい、アップデート後にバックアップをとりました。

先ほどの不具合があったので「3Nの旧バージョン」に戻しましたが、何度やってもエラーで復元が出来ません(´;ω;`)

 

おそらくですが、これはバージョンの違いによるものかもしれません。

○ 4のバックアップデータを4に戻すと問題なし

✖ 4のデータを3に戻すと復元されない

この件を考えると3のデータを4に復元できるかも怪しいので、3と4両方のバックアップを取った方が安心です。

 

ちなみに4のバックアップ画面は文面に少し変化がありました。

 

幸いサブアカウントの更新作業をしたので問題はありませんでしたが、今後アップデートを試す方は十分にお気を付けください。

 

 

まとめ

BlueStacks4はまだベータ扱いで不安定なところも見られます。

BlueStacks4の正規版のリリースは9月中旬を予定しているとの事なので、特に困っていることがなければ今すぐにインストールする必要はないかもしれません。

 

インストールされるかたはバックアップをしっかりとったうえで十分に注意して作業してください。

 

BlueStacks4ベータ版はこちらからどうぞ⇒⇒⇒ BlueStacks4ベータを試してみる

ゲーム