RimWorld(リムワールド) Steamの神ゲーを紹介してみる!

GWにどっぷりはまれるゲームを紹介してみようと思います!

はっきり言って無茶苦茶おもしろいです!これはやらなきゃ損!

多分、まだまだ知らない人がいると思うので、「RimWorld」ってどんなゲームなの?何が神ゲーなのか説明してみたいと思います。

最初に言っておきますが、これハマったら永遠とやりたくなる中毒性のあるゲームですw

RimWorldってどんなゲームなの?

とある星に宇宙船が墜落します、生き残った3人(初期設定では)が周りにある物、自然や生息する動物や人間を活かしてどうにか脱出しようというゲームです。

いきなり未知なる星に放り出された3人が協力して生き延び、色んな危険を乗り越えていくのが目標です。

掘削や建築をしたり、物を作ったり研究したり、作物を栽培したり、敵と戦ったり生きるために狩りをしたり、手術したり、結婚したり喧嘩したりとにかく書ききれないほどやることがありますw

最初はそれを覚えるのが大変ですが、もちろんチュートリアルがありますので、初めての人でも安心です。

ゲームを簡単にいうならば、シムシティなどの建築ゲームと信長の野望などの戦略ゲームを合わせたようなものがRimWorldですね。

ゲームの始め方

ゲームスタート時に生き残る3人を選択しますが、個人個人の能力があり、それをうまく考えながらチームを作るところから始まります。ちなみに、シナリオによって人数は変わりますし、自分で調整することもできます。

これがまた人選が難しいんですw 射撃や格闘が得意な人、掘削や建築が得意な人、医療技術に長けている人などいろいろあるんですが、性格の要素もあります!

例えば、基本的な能力が優れていても、放火魔だったりドラッグ中毒、怠けものなど精神的になんらかの欠点をもっていたりするので、初めに間違うともうどうにもならなかったりしますwww

途中で仲間を増やしていけるので、最低限必要な能力を考えてチーム編成するといいですね。

ゲーム序盤の進め方

3人を選択して無事道の惑星に墜落wしたら、RimWorldの始まりです!とにかくまずは住む場所を作らなくてはなりません。

自動的に宇宙船から避難食や、いくつかの武器が持ってこれているので、それを活かしつつ生活の拠点を決め自分達の基地を作っていきます。持ち込めた避難食が無くなる前に、最低限の住む場所を作るのが先決です。

ちなみにこのゲームには「水」とい概念がないので、そこは気にしなくて大丈夫です。

3人の能力の特性を考えながら、プレーヤーがやることを指示していきます。これがこのゲームの面白い要素の一つでもあり、長所を見極めて作業させることで、作業スピードが全然変わってきます。

他にやることが無ければ、全員で作業しても構いませんし、苦手な作業でもやっているうちに少しづつですが能力が上がってきます。

基地や寝床作った!さて次は?

RimWorldの重要な一つの要素、食料ですね。最初にもってきた非常食は数日程度しかもたないので食糧危機に陥る前になんとかしなくてはいけません。自然の中をうろうろしている鹿やリス、イノシシ、他にもたくさん動物がいます、狩りをして食料をゲットしなくてはなりません。

ここは狩猟(射撃)が得意人に任せたいですね!へたくそな人に任せると目の前の距離ですらあたりませんwww ただし、動物も生きています!群れを狙って仕留めそこなったら反撃にあうことがあります。

それであっけなく死んでしまう事もあれば、生き残っても怪我から感染病になることもあります。

季節によっても違うのですが、食料の確保は狩猟だけではありません、米などの作物を栽培することができるので、先を見越して種まきをしておかなければなりません。

やることが山積みなので、とにかく3人の能力を見極めて指示を出していくことがゲームの鍵になりますね。
作業の優先順位も決めれるので、より細かい指示をだすことも可能です。

非常事態に備えて基地強化する

動物はただうろうろしているだけではありません!時にはこちらの基地に侵入してこようとします。軟弱な作りのドアや外壁だと簡単にこわされてしまう事があります。

先ほど書いた通り、動物の感染病は甘く見てみていると大変なことになるので、基地を強化していくのも非常に大事です。

さらには、その星の他の人間が襲ってくることもあります!まるでウォーキングデッドの世界ですww 平穏な暮らしが一気に脅かされます。

そんな非常事態に備えて、土嚢の壁を作ったり、できるだけこっちが有利に戦えるように基地の形を考えていかければいけません。

ちなみに、動物は自分の仲間にすることもできますw 動物も敵と戦ってくれますw動物によっては作業ができるのもいるので色々試すと面白いですよ!

襲撃してきた人間は、とりあえず気絶させ仲間にすることもできますし、やりすぎてコロっと逝ってしまうことも・・・。

序盤は人手が足りないので、出来たら仲間にしたいですが、相手によってはいくら説得を繰り返しても寝返ろうとしないのもいるので根気が必要です。

逆に、襲撃に追われてきた人を、一時的にかくまうこともできます、しかしそれには余計な襲撃と戦わなくてはならなくなります!助けてあげればほぼ間違いなく仲間になってくれるので苦渋の決断を迫られます。

これもまたこのゲームの楽しいところです、色んな複雑な要素が絡み合い、中々思い通りには進まないので失敗を重ねて、覚えていきますw

研究要素

生活していくうえで、同時に「研究」ができるのでこれも作業の合間に誰かにやらせていきます。

研究が進むにつれ、衣類や、水耕栽培、テレビ、クーラー、太陽光発電、タレット(敵が来たら自動で銃が発砲される防衛設備)など、その他多くのものを活用できるようになります。

研究には枝分かれの順番があるので、飛び越していきなり高度な技術を得ることは出来ません。能力を考えながら研究させる人員を選ぶのポイントでしょうかね。

これも面白い要素の一つですねー!この能力が高いから作業をさせたいけど、でも研究もさせないと!ほんとにやることがいっぱいなんです、だからこそ難しくて楽しいんですけどねw

お金の要素

自分の基地(コロニー)にたまに行商人がうろうろとやってくることがあります。その時に交渉して自分が持っているものを売ったり、必要な医薬品や資材などを買う事ができます。研究で学んだ芸術で何かを作り売ったりすることもできます。

どうしても、自分で手に入れられるものには限界があるので、色んなものを蓄えたり作ったりしてお金で買う事も必要になってきます。

自分から他の基地に交渉しに行くこともできますが、かなり遠いことが多いので、しっかりと装備や気持ちを整えていかせないとひどい目にあうことになります。途中で賊に襲われたりすることもあるので、交渉能力が高い人、戦闘能力が高い人が適任ですね。

たまに、空から資材が降ってくることもあるので、それを回収しておきましょうw 売るのも使うのも自由です。

ゲーム難易度AIストーリーテラー

「RimWorld」ではゲームのイベント展開や難易度を調整する語り手『AIストーリーテラー』なるシステムが採用されています。

通常のゲームは難易度を選ぶだけですが、RimWorldの『AIストーリーテラー』は難易度とはまた別な設定です。

『AIストーリーテラー』はストーリーの設定にあたるもので、イベントが起きるタイミングなどに関わるものです。例えば、動物が襲ってきたり人が襲撃してきたり、雷が落ちたり、仲間の人間関係の良し悪しに関係したりします。

この『AIストーリーテラー』によって、良いイベントだったり、完全なランダムなイベントだったり、こっちがしんどい時に限って悪いイベントを起したりそういった要素がありますw

なのでこのゲームの難易度設定は、そのイベントの良し悪しの強弱みたいなものですね!ド変態なイベント多発のストーリーを選べは、単純に襲撃回数が増えたりしますが、難易度を下げることによってその対処のレベルがかわるという事です。

もちろん逆に、イベント発生が少ないストーリーを選んで、難易度を上げたりもできるので、プレーやーの好みによってその辺は調整していくことが出来ます。こんな風にRimWorldはかなり自由度があるので、自分に合わせたプレーが楽しめますよ!!

RimWorldならではのおもしろさ

RimWorldは単純に基地建設をするだけでも十分に面白いんですが、やっぱり人間関係とかいろんなイベントがおこったりした時の対応が面白いのかなと思います。

黙ってみていると自分の考えとは違った動きをするところが面白さでもあるんじゃないかなと思います。例えば、可愛がっていたペットが亡くなってしまったとき、とくに愛情を注いでいた飼い主は落ち込みます。もちろん他の仲間も落ち込みます。

でもだまって見てると、お墓に埋めてあげると思いきや、亡くなったペットを調理台にあげ自分達の食料にしちゃうことがあるんですよねw食料ありあまってるのにw

そんな風に、思わず おい!っと突っ込みたるような出来事が度々おこるんですww

男女で結婚したりもしますが、男同士で恋人になったりもします。部屋を一緒にしてあげないとブーブー言われたりもしますw

あとは他のゲームと違った要素の手術ですかね。仲間の体に問題があるときに手術ができますが、腎臓を移植したり、足を移植したり、サイボーグみたいにしたり、元々の能力があがることさえあります。

捉えた敵の人間がどうしても仲間にならないから、諦めて移植用(恐い・・・)として生かして置くこともできます。もちろん解放してもいいですが、解放したら今度はもっと大人数を連れて襲撃にくる可能性もあります。

あとは、夜中にたたき起こして作業させたり、嫌な作業をさせていると精神が崩壊する人が出てきます。そんな時に、その人がもつ特有の悪い癖でて、一晩中徘徊したり、基地に火をつけたり、ドラッグ中毒の症状がでたり、もう無茶苦茶やりますw

そんな人間性がすごい出るゲームでもあるので、こうしたから必ずこうなるという結果が分からないのが、このRimWorldのおもしろさだと思います。

RimWorldのまとめ

平和な暮らしが突然の出来事によって一変するので、プレイのやりがいは中々ほかのゲームでは味わえないかもしれませんね、むしろ安定してる時のほうが危険だったりしますねww

そうやってハマってしまい何度も何度も繰り返してやってしまいたくなるRimWorld、本当に中毒性のあるゲームですw

自分のに合わせたゲームのストーリーと難易度設定が可能なので、ほんとに誰にでもおすすめ出来るゲームです!

ゲーム