体重を減らす!増やす!考え方は実は一緒!?極めて簡単な実践方法 | netkiji.com

体重を減らす!増やす!考え方は実は一緒!?極めて簡単な実践方法

2018/04/04

yasetai futoritaiいきなり結論から書きますが

「体重を減らしたい!」

「増やしたい!」

この2つは対極にあるよにも思えますが、実はどちらも同じ考え方で解決できてしまいます。

 

今回紹介する考え方は、よくある小難しいカロリー計算も必要なし、ものすごく簡単な方法です。

私は「体重を増やしたい!」側のひとりでしたが、この方法で実際に目標体重を達成してキープしています

 

もちろん、食事だけじゃなくて筋トレもしてますが、今回は「体重」にだけ焦点を当てて説明していきたいと思います。

とにかく徹底的に単純に考えていきます。

 

体重コントロールのすっごく簡単な考え方

今回はとにかく分かりやすく伝えたいので、細かい数字などを出すつもりはありません。

カロリーや細かい数字を使って表してしまうと難しように思いますけど、実はすごく単純なことなんです。

 

体重は「0」という基準から 「プラスになるのか」 「マイナスになるのか」 それだけの話なんですよね。

 

自分に必要なエネルギー「栄養のプラスマイナスを調整してあげる」これだけで体重なんてコントロールできるんです。

必要以上に食べればプラスになるし、足りなければマイナスになる 足し算引き算をするだけ

 

こんな風にすごく単純に考えればいい事を、今の時代色んな情報が簡単に手に入るからか、必要以上に難しく考えてしまうんですよね。

私が思うに、自分自身で難しくしている所もあると思います。

 

「足し算引き算をする」そんな事は分かってる!!

じゃあなぜ出来ないのか??

答えはもっと簡単なんです。

 

自分の体を知ること

みなさんはご自身で何をこのくらい食べたら太る、この食事なら痩せる、この判断はきちんと出来ますか??

 

私は筋トレを続けるうちに色々な人から質問をされるようになりましたが、昔の自分とそっくりな人が滅茶苦茶多い!

足し算引き算以前の問題の人「自分の体を知らない人」が本当に多いんです。

 

「痩せたいのに痩せれない人」

「太りたいのに太れない人」

どちらの人もこの判断出来ていない事が、体重をコントロール出来ない原因の一つなんじゃないかと思います。

つまり、自分の体に必要なエネルギー量が分からないから、体重をコントロールすることができないってことです。

 

必要なエネルギーなんてカロリーを数値化して計算しないと分からない!

そんなことはありません。

 

確かに相当なこだわりをもった体型を目指すとなると必要になるのは事実です。

ですが、ごく一般的な体重管理なんてそんなに難しいものじゃないんです。

 

自分の体に必要なエネルギー量を知る方法

じゃあどうやったら自分の必要なエネルギー量が分かるのか?

それは、毎日同じ食事をとり、毎日同じタイミングで体重を量ることです。

 

毎日同じ食事なんて飽きるし現実的にも無理だよー、なんて声が聞こえてきそうですね(;^ω^)

なにも365日ずっと同じ食事をとるべきと言っている訳ではありません。

固定した食事で全ての栄養を取れるわけではないですし、気持ちもわかります。

 

私が言いたいのは、「毎日のベースとなる食事を決める」ということです。

 

ベースとなる食事を決めておき、そこにプラスマイナスすることによって体重変化を判断する。

そのベースの食事に

  • 「コロッケを足したらこうなった」
  • 「から揚げを2個足したらこうなった」
  • 「ベーコンをハムに変えたらこうなった」

そんな風に自分の体で実験するかのようにしていくとすごく分かりやすいと思います。

何度も同じことを繰り返さないように、しっかりメモを取るのも重要になってきます。

 

たとえ成功者と同じ食事をしても、栄養吸収率や消費カロリーにはかなりの個人差があり、全然うまくいかなかったりするんです。

結局は、自分の体で試して判断するしか方法がないんですよね。

 

そうやってベースとなる食事にプラスマイナスをして、毎日同じタイミングで体重を量る。

そうする事で、食べたものによってどれくらい体重が変化したのか分かるようになるわけです。

 

その結果自分の体に必要なエネルギー量を知ることが出来るようなるということです。

 

 目標を設定は より具体的に

1か月で〇〇キロ痩せる!太る!

こんな風に目標を決めてるようであれば、実現させるのが中々難しいです。

何度もいいますが、もっと単純に考えてください。

 

体重が1日100グラムでも減れば、10日で1キロ減ります、1か月で3キロ減ります。逆もまた然り。

1か月で〇〇キロ痩せる!太る! これだと抽象的すぎて難しいんです。

目標を立てるとすれば、『 1日何グラム落とす、増やす』という様に、より具体的な考え方をした方がうまく行くと思います。

 

その1日のわずかな体重の増減の結果が、1か月で何キロ落ちた、増えたとなるわけです。

まさに、ちりも積もれば山となるってことですね。

 

今回の記事で、大切なことをまとめます。

まとめ
  • 自分に必要な1日のエネルギー量を知る
  • 毎日のベースとなる食事を決める
  • 毎日同じタイミングで体重を量る
  • 体重計の結果をみて、ベースの食事にプラスマイナスをする
  • 目標設定は1日単位

2018/04/04筋トレ・ダイエット