怠慢なんてクソくらえ!習慣化したいなら「カメ」になれ! | netkiji.com

怠慢なんてクソくらえ!習慣化したいなら「カメ」になれ!

うさぎとかめ最近、周りからこんな事をよく言われる事があります「どうやったらそんな風に習慣にできるの?」

別に私は何かすごいことをしている訳でもなく、そんな事を聞かれる存在でもありません。

 

例えば子供に「なんで手を洗うの?」「どうして歯を磨くの?」そんな質問をされたら簡単に答えられると思います。

 

じゃあ、なぜそんなに簡単なのに自分の思うように習慣にすることが中々できないのか?

 

今回はそんな習慣というものについて

「習慣化できる人と出来ない人ではどんな違いがあるのか」

「どうやったら習慣化できるのか」

 

ウサギとカメの話に私の勝手な解釈を加えて伝えて行きたいと思います。

 

 習慣にできないウサギと習慣に出来るカメの違い

習慣に出来ないウサギは、とにかく結果を急ぎます。

対するカメは、目の前の壁を超えることだけに集中します。

 

習慣にできないウサギは、闇雲にただ速さを求めて進みます。

対するカメは記録をつけながら自分のペースで進みます。

 

習慣にできないウサギは、苦しい思いで急いで走ります。

対するカメは苦しみつつも、楽しもうとしながらゆっくり歩きます。

 

習慣にできないウサギは、後先考えずに大きく進むことだけを考えます。

対するカメはゴール(目標)を見据えて残りの距離を考えながら、小さいですが一歩一歩確実に進みます。

 

習慣にできないウサギは、「とにかく速く走る」やり方は一つだけ。

対するカメはゆっくりだからこそじっくり考える事ができ、色々なやり方を思いつきます。

 

習慣にできないウサギは、少しの結果に慢心します。

対するカメは少しの結果に驕ることなく、コツコツと結果を積み上げていきます。

 

私は声を大にして言いたい、習慣化したいなら、カメになれ!!

大切なのは自分に出来る小さな事

こんな言葉があります

「意識を変えれば行動が変わる、行動を変えれば習慣が変わる」

そんな事は分かってる!でも習慣にしたいけど続かない・・・それはなぜか?

 

ウサギを思い出してみてください。

続かない、やめてしまうそんな人も一緒なんです。

急いで結果を出そうとするあまり、いきなり頑張りすぎてしまい疲れてしまう。

 

いきなり大きなことをやろうとしてしまうと「こんなに大変なんだ・・・」そう思ってしまう。

そして結果的につらいしんどいだけが残ってしまいやめてしまうんですよね。

 

自分に出来ることから少しづつ始めればいい、私はそう思います。

習慣化は人の真似だけでは出来ない

成功者の真似をするだけでは失敗してしまいます。

なぜならその目的や目標に対する意識の違いがあるので、同じ方法で習慣にすることは難しいんです。

 

例えば、プロ野球選手になりたいから、プロ野球選手の練習メニューを習慣にする。

無謀ですよね?おそらくほとんどの人がやめてしまうでしょう。

それはなぜか?

自分の能力や、自分に今できることを考えずに、結果だけをみてその方法を習慣にしようとするからです。

 

「大事なことは、急いで結果を出すことではなく、自分に今出来る事をコツコツと続けていくこと」なんですよね。

コツコツ続けた結果が習慣になるだけなんです。そしてその習慣が結果に繋がるんです。

 

絶対に守る自分との約束

今みなさんが、こういう習慣をつけたい!こういう習慣を直したい!

そう思っていることがあるのなら、1日に1つだけ 「絶対に守る自分との約束」そんなルールを作ってみてください。

小さなことでいいんです、どんなことがあろうとも、言い訳せずにこれだけは絶対にやる!!

 

そしてそれが出来るようになってきたら、ルールを増やしていく、決して急がず自分のペースで。

例えば、1か月に一つ増やしていけば、1年で12個の習慣になります。

もっとゆっくりでも構いません、大事な事は続けるということ。もちろん、それが出来るのなら何個だっていいんです。

 

仮にこれまで、1年に1個づつ習慣化してきたとしたら、あなたは今何個の習慣が身についていますか?

カメのように遅くたっていいんです。

 

カメのようにそんな小さなことをコツコツと積み上げていくと、いつの間にか習慣というものになる。

いつの日かウサギを負かすカメになる、私はそんな風に思っています。