仕事(転職)に年齢は関係ない?82歳のおばあちゃんに学ぶ生き方とは?

よくこんな言葉を聞くことがあります

「まだ若いね~色々できていいな、俺はもう歳だから」

 

ただ単に若さを羨ましがってるようにも聞こえますが、口調からまるで自分はもう終わった、そんな風に聞こえてくることってありませんか?

 

きっとこういう発言をする人は、自分が60歳になった時に50歳の人を見てまた同じことを言ってしまうんじゃないのかなと思います。

「俺はもう歳だから」 いやいや、ちょっと考えてみてください

そう発言したその瞬間、今が一番若いんですよ?

 

時間は戻らないし、確実に進みます。

時間は止まらないのに、歳を理由に自分の時間が止まってしまうっておかしくないですか?

82歳のおばあちゃんに学ぶ仕事や勉強の姿勢

若宮正子さんという名前を聞いた事はあるでしょうか?

彼女は、御年82歳のiPhoneアプリ開発者!

 

なんとこのおばあちゃん、80歳からプログラミングの勉強を始め、今ではあのAppleが認める立派な開発者となりました!

信じられないですよね!?

なんと、世界のアプリ開発者が集うイベントに招待され、AppleのCEOティム・クック氏と直接会話をされています。

若宮さんは定年後にパソコンの勉強を独学でしはじめますが、初めは当然全くのド素人。

それどころか機械音痴でパソコンをネットにつなげるだけでも3か月の期間を要したそうです。

 

パソコンがインターネットにつながり、「ようこそ、マーちゃん」という画面上の文字を見た時に、汗と涙で顔を濡らしたそうです( ;∀;)

すごい意欲ですよね、まさに歳なんて関係ない!

私はこの記事をみた時、ほんとに感動したんです!私こういう人が大好きなんです!

 

失敗を恐れない

若宮さんは、続けられた理由、失敗についてこう語っています。

 

「漠然と、なんとかできるんじゃないかなって思ってたんです。気楽に楽しみながら作ってましたから」

「それにね、何かにトライして失敗しても、無駄になることは絶対にないんです。

だって失敗から勉強できるわけだし、経験を積めるので、今後につながっていく。

失敗はすごく貴重な体験です。だから、私は、若い人はいっぱい失敗した方がいいと思います」

 

「hinadanアプリもたくさん失敗がありましたよ。

海外の方からこんなに反響があるなら別の名前にしたほうがよかったかしら?とかね(笑)。

でも、チャレンジすることはすごくいいことだし、うまくいかなくても死んだり怪我したりしないから。

大いに失敗を楽しんだほうがいい。いいじゃないですか、失敗したら失敗したで」

 

私も色々な過去の記事で何度も書いてきていますが、やらなければ絶対に分からないんです!

何も生れるわけがないんですよね。

 

当たり前だと思うでしょうけど、それができる人って本当にかっこいいな、素敵だなと思います!

大事な事は「できるかできないか」ではなく「やるかやらないか」だと私はそう思います。

 

 

人生で今が一番楽しいです!

最後に若宮さんはこんな言葉を残します。

 

「人間って生物だから、いつかは死ぬ時が来ます。

でも、生きているうちに何かを残したい。どこかにいる誰かに、82歳になってもプログラムができるっていう希望を差し上げることができたとしたら、それが遺産になると思っているんです」

「人生で今が一番楽しいです! メロウ倶楽部に入会した時に、『人生は60になると面白くなる。70になるともっと面白くなる』というメッセージを送ってもらったんです。

じゃあ、80を過ぎたら? もっともっと楽しくなりました」

 

こんな発言を出来るのはきっと、やりたことや好きなことに情熱を持ち、挑戦し続けている明かしだと思います!

溢れんばかりの情熱と、今を楽しみながらまさに「今を生きている姿」に、すごく勇気と希望をいただきました。

 

「まだ若いね~色々できていいな、俺はもう歳だから」

「人生は60になると面白くなる。70になるともっと面白くなる。80を過ぎたら? もっともっと楽しくなりました」

 

あなたはどちらの人生を歩みたいですか?

 

 

就職・転職